Dawaina(ダワイナ)1号店が2021年9月1日に髙島屋大阪店内にオープン! | Dawaina

2021/08/31 15:47

海外で話題のインテリア雑貨、デザイン家電をいち早く取り入れ、各ブランドの日本国内正規代理店として事業を展開する株式会社THT Japanが、髙島屋大阪店内にオフラインショップの1号店として、Dawaina(ダワイナ)大阪店を2021年9月1日にオープンします。


Dawaina大阪店店舗イメージ
Dawaina大阪店店舗イメージ

「くらしに閃き。」をキーコンセプトに展開するDawaina(ダワイナ)では、独自のスタイリングでセレクトされた照明機器、オーディオ製品、時計、知育玩具など、おうち時間や生活空間を彩るさまざまなインテリアプロダクトを取り扱っています。ショップ内には、フランスのラグジュアリーブランド、Devialet(デビアレ)の展示およびリスニングルームも備え、高品位かつゆっくりとお買い物をお楽しみいただける空間となっています。

Dawainaロゴ

◆心が動かされた時に発する意思のある語尾「わいな」
 みなさん「わいな」という言葉をご存知でしょうか?
「わいな」とは、元来〔終助詞「わい」に間投助詞「な」の付いた語尾に使われるもので、浄瑠璃にも良く使われる言葉なんです。言語としては近畿方言とも飛騨方言とも言われていて、広範囲のエリアである程度の歴史を持つ言葉として紹介されています。どういう意味かというと、、広辞苑には感動・詠嘆を表すとの記載があり、私たちはこれを「心が動かされた時に発する意思のある語尾」として捉え使ってみようと考えました。
 そして、この「わいな」が今の時代に使われるとすれば「強い納得性や共感」を感じた時に使われるんじゃないかと、、、現代の言葉にすると「そうそう、これだよね!」というような意味になるな、と私たちは解釈しました。
みなさんも探し求めていた物に巡り会えた時「そうそう、これだよ!」とついつい、言いたくなる時ってありませんか?

◆英訳すると「That’s it !」
「これだよ!」を英語に翻訳するなら「That’s it!」になりますよね。
そして「That’s it!」と似たようなニュアンスで使われる「Why not?」というフレーズがあります。この「Why not?」、サウンド的には「わいな」と聞こえるんです!そして「わいな」の語尾は実際に使う時には「〜だわいな」というふうに使われたりもするんですが、私たちはこの「だわいな」すなわち「The “WHY NOT”」を商品をスタイリングする上での基準としています。

◆「 Dawaina(ダワイナ)」へ込めた思い
私たちは、この「だわいな」を感じられるかどうかが、商品をスタイリングする上でとても重要だと考えています。そう、ダワイナとは「これが欲しかったんだよ!」というキーワードなんです。
欲しかったものを見つけあてたときの合言葉「だわいな」は、私たちの共通の合言葉です。
みなさまにとって「これだわいな!」と思っていただけるものをこれからもお届けできたら幸せだわいな。

【店舗基本情報】
店名   :ダワイナ大阪店
オープン日:2021年9月1日(水)
営業時間 :10:00-20:00
      ※都合により営業日・営業時間を変更する場合がございます。
​        最新情報は大阪タカシマヤホームページをご確認ください。
所在地 :大阪府大阪市中央区難波5-1-5髙島屋大阪店 地階西ゾーン

【取扱いブランド】
alto / CASE FURNITURE / CELIA&PERAH / DACH / DAQICONCEPT / Devialet / FATBOY / FLYTE / HYPER / MNTNT / Mukikim / STEAMERY / YELL 等